男性器も歳を取る!?男性器の老化とは

e0218481_1631357

ED〈Erectile Dysfunction〉は勃起不全と呼ばれる症状です。男性器が勃起できないという認識は皆さんもお持ちだと思いますが実は性行為時に中折れしてしまう症状や勃起時の硬さがあまり出ないという方もEDの可能性が高いのです。日本では1998年の本格的な調査結果にて約4人に1人がEDであることが判明しました。

年齢で見ると40代前半の男性では約17パーセント、40代後半に入ると20%以上の男性がED患者となってしまうという驚きの結果が出ています。50代では約40%から50%、60代では60%以上の男性がED、勃起不全の症状を抱えていることになります。

それぐらいED、勃起不全の発症率は高いのです。

マスターベーションができても、相手との性行為で相手を満足させる勃起が出来なかったらED症状といってもいいです。

男性器は使わないとだめになる?

男性で特に歳を重ねている人がEDになるのはしょうがないと思ってしまいます。

しかし、そこで治療をしなかったり、EDになる他の原因を克服をしようとせずに諦めてしまう人がいます。

EDを発症して一番怖いのは「どうせ勃起できないし」と思って性行為自体をしなくなってしまいます。

性行為自体をしなくなってしまうと、EDはさらに進行してしまいます。

しっかりとED治療をしていきましょう

simple_nurse-300x300

EDになってしまったからといって諦めてはいけせん。

性行為前にバイアグラなどのED治療を服用したり、EDの原因になる食生活や毎日の生活を改善しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

ReturnTop